求人の面接の際に見極める事

業種の特徴と求人

フリーペーパー

不動産業の求人のポイント

様々な業種で人材は安定と成長の要です。中でも、不動産業は、売買でも賃貸でも、他の業種に比べて高額な取引が多いこと、商品のようにその場でお買い上げで買えるのではなく、成約までに何度も打ち合わせや商談が必要なことなど、スタッフの人柄が会社の成績に直結しやすいのが特徴です。また、不動産の取引には、登記や税金など、専門知識があると便利ですが、求人にあたっては、経験や知識の有無に加えて、お客さんから信頼される人柄かどうかを基準に選ぶと有効です。同業での勤務経験があると即戦力にもなりますが、知識や経験はこれから積み重ねることもできます。初対面の人からも信頼されるような人か、面接での応対を見て判断することが求人する際において大切です。

不動産関係の仕事とは

求人情報の中には、不動産関係の仕事というものもあるわけですが、そういった業界で仕事をしたいと思った場合は、例えば宅地建物取引士のような有効な資格を持っていなければならないのかというと、そういうわけでもありません。例えば、マンションのショールームや、実際に販売、賃貸している物件を案内するような仕事の求人の場合には、業務に関連した資格を持っていることよりも、お客様に接するサービス業としての資質の方が重要になるでしょう。不動産関係の仕事をしたいなら、そういった、いわゆるエントリーレベルから始めるのも手です。

↑PAGE TOP